ベーレンコール 掲示板

練習のこと、コンクールのこと、演奏会のこと、何でも・・・!


【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


新着順:1/28
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[135] 暑中お見舞い申し上げます。  IJCOC

投稿者: 山田洋平 投稿日:2017年 7月19日(水)14時02分8秒   通報   返信・引用

ベーレンコールの皆様へ


■VOICES FOR PEACE国際合唱祭2018のご案内


暑中お見舞い申し上げます。

さて、来年2018年4月4日(水)-8日(日)の間、界遺産サン・フランチェスコ教会で有名なイタリア・アッシジVOICES FOR PEACE国際合唱祭が開催されますが、主催するINTERKULTURでは日本からの参加に期待しております。

つきましては、皆様に同合唱祭へのご参加を一度ご検討いただけないでしょうか。
合唱祭の概要は下記の通りです。


《VOICES FOR PEACE国際合唱祭2018》
参加には
①合唱祭参加(2回以上のフェスティバル・コンサートに参加、15分ほどのプログラムを用意、コンペティション参加せず)
②コンペティション参加 の2通りあります。

<コンペティション・カテゴリー>
●A 難度レベルI ア・カペラ
A1 混声合唱  A2 男声合唱  A3 女声合唱 (人数制限なし)
次の4曲を演奏  演奏時間12-20分以内
1.イタリア人作曲による1曲 (原語で)
2.母国以外の作曲家による1曲
3.1950年より後に生まれた作曲家による1曲
4.合唱団が自由に選んだ1曲

●B 難度レベルII
B1 混声合唱  B2 男声合唱  B3 女声合唱  (人数制限なし)
音楽的に違った時代の違った性格の3曲を演奏 演奏時間8-15分以内
1曲は伴奏可能

●S1 聖楽合唱ア・カペラ
次の聖楽曲4曲を演奏 演奏時間12-20分以内  (人数制限なし)
1.イタリア人作曲家による1曲
2.1568年以降に生まれた作曲家による1曲
3.1950年より後に生まれた作曲家による1曲
4.合唱団が自由に選んだ1曲

●S2 聖楽合唱伴奏付
次の聖楽曲3曲を演奏 演奏時間8―15分以内   (人数制限なし)
1.イタリア人作曲家による1曲
2.合唱団が自由に選んだ1曲
3.合唱団が自由に選んだ1曲
1曲は伴奏可能

●F フォークロア(民族音楽)
母国の典型的フォークロアを自由に選択、演奏 演奏時間8-15分以内
振付や劇の要素を取り入れることは可能ですが、あくまで歌に主眼を置く必要があります。国の伝統衣装着用が望ましい。楽譜が無い場合は、審査員団に英語で書いたプログラムの概要を提出
全曲についてピアノ、民族音楽楽器の伴奏可能、マイクや録音されたものを使うことはできません。             (人数制限なし)

<参加登録料>    200ユーロ (1参加カテゴリーについて)

<申込み締切日>   2017年12月5日

今年4月に開催された第1回VOICES FOR PEACE国際合唱祭2017にはスイス、ドイツ、イギリス、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スウェーデン、スロバキアの8ヵ国から13団体が参加し、スイス、イタリア、スウェーデン、スロバキアの合唱団が活躍しました。

<問合せ&申込み先>
ジョイントコンサート国際委員会
事務局 山田洋平
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
03-5425-2326

<開催地アッシジ>
アッシジ:聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群(ユネスコ世界遺産)
所在地:アッシジ(ウンブリア州)ローマの北東177km ペルージャの南東23km
登録年:2000年

アッシジは聖フランチェスコゆかりのキリスト教信者の巡礼地。荘厳なる聖フランチェスコ聖堂内部を飾る巨匠ジョット、チマブーエ、マルティーニ、ロレンツェッティらのフレスコ画の数々は中世美術史上でも重要。

古代ローマ時代からの歴史あるこの街は、ウンブリアの美しい自然と、聖人が説いた平和の教え、そして後世の建築・美術の基礎ともなった宗教建築物群とが一体化した精神的、芸術的な美しさを秘めた場所です。

(見どころ)
世界遺産にも登録されているサン・フランチェスコ大聖堂(Basilica di San Francesco)をはじめとする聖人ゆかりの教会。同聖堂内にはジョットによる28枚の壁画「聖フランチェスコの生涯」や、チマブーエ「聖母と天使と聖フランチェスコ」、ロレンツェッティの「夕日の聖母」などの名画を鑑賞できます。
他にもサンタ・キアーラ教会(Chiesa di Santa Chiara)、サン・ダミアーノ修道院(Convento di San Damiano)、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会 (Basilica di Santa Maria degli Angeli)などが挙げられます。(イタリア政府観光局公式サイトより)


新着順:1/28
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.