teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


早いですね

 投稿者:くらら  投稿日:2019年 1月15日(火)22時29分17秒
  まだ、シスターの笑顔がはっきり思い出せるのに、あれからもう4年目に入りました。
シスター、今、どうされていますか?
どうしてそんなに急がれたんですか?

今更そんなことを言っても仕方ないですよね。

でも、さみしいです。
 
 

主と共に

 投稿者:匿名  投稿日:2018年11月27日(火)16時19分15秒
編集済
  次の日曜日、待降節第1主日から典礼暦における新年が始まります。
私たちカトリック信者は、
この待降節の期間中に、
主の御降誕を準備することから一年を始めます。

待降節を「主と共に」あるよう、準備したいと思います。

☆み言葉の光のうちに、主と共にありますように。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

ヨハネによる福音書 8章 12節

☆聖霊の恵みのうちに、主と共にありますように。

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。」

「この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。」

「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。」

ヨハネによる福音書  14章 16ー18節

☆御聖体のまことの命のうちに、主と共にありますように。

「これは天から降って来たパンである。先祖が食べたのに死んでしまったようなものとは違う。このパンを食べる者は永遠に生きる。」

ヨハネによる福音書  6章 58節

主と共にあることに励み、努めることを通して、
シスターが皆様と共に居てくださいますように。
シスターの修道名「インマヌエル」は、まさにこの意味なのですから。

 

ありがとうございます

 投稿者:M.Y  投稿日:2018年11月20日(火)19時44分31秒
  匿名さん、書き込みをしてくださりありがとうございました。

「このみ言葉を胸に納める」・・・忘れないないようにします。

神様が主なのに、私が主になっていることを感じました。


  (2か月間、ネット環境がなく久々に今日ネットにつなぎました。
   昨日投稿してくださっていたとは驚きました。神様からのメッセージ
   と受けとめます。感謝。)
 

M.Y さん

 投稿者:匿名  投稿日:2018年11月19日(月)15時51分57秒
  大丈夫ですか?まだ心の内に闇夜を抱えておられますか?助けになることには限界がありますが、次のみ言葉を胸に納めていただければと思います。


わたしたちが神を愛したのではなく、
神がわたしたちを愛して、
わたしたちの罪を償ういけにえとして、
御子をお遣わしになりました。
ここに愛があります。
ヨハネの手紙一    4章 10節


み言葉が、命をもたらす光の雫となりますように。
 

暑い毎日

 投稿者:M.Y  投稿日:2018年 8月16日(木)16時50分44秒
  皆様、暑い毎日ですがお元気にお過ごしでしょうか?
シスターの書き込みがないのは、淋しいですね。

皆様はカトリック教徒として、ミサに与り、教会の一員としての
務めを果たしておられますか?
カトリック教徒として最低限果たさなければならないことは一体
何なのでしょう・・?

私は分からなくなってきました。どなたか教えてください。
 

長崎

 投稿者:さら  投稿日:2018年 6月30日(土)17時37分53秒
  久しぶりです。

長崎と言うとシスターを思い出します。シスターの笑顔が心に残っています。
シスターは、今でも皆の心に生きています。
 

天国のシスターへ

 投稿者:M.Y  投稿日:2018年 5月23日(水)21時38分59秒
  久しぶりにシスターのブログを開けました。
そして気づきました。
シスターはここを遺されたのだと。
懐かしくて涙が出ます。
ここに立ち寄る全ての者のために、どうぞ祈ってください。
 

新しい書き込みが

 投稿者:くらら  投稿日:2018年 2月22日(木)18時22分33秒
  みみさん
 はじめまして。新しい書き込みを見て嬉しく思いました。
 いろいろ大変でしたね。そして、それを乗り越えられて、素晴らしい未来が待っているようですね。私も陰ながら応援させていただきます。

 シスター!ここにはまだシスターのことを思っている人がいますよ。
 私たちを見守っていてくださいね。
 

やっと、良い報告ができると…

 投稿者:みみ  投稿日:2018年 2月13日(火)07時06分51秒
  13年も前、子供を亡くして、離婚して本当にボロボロだった時、todonoinori、シスターの言葉にどれだけ救われたか。
その後、本当にいろいろなことがあって、今年、あの時5歳だった上の子が高校を卒業して、就職します。
弟の死をひとり、目の前で見ていた当時3歳だった下の子は、2年前の今頃は登校拒否の末、自殺未遂までしたけれど、たまたまPTSDの研究者だったスクールカウンセラー、在学中の中学の校長室の計らいもあって、良い精神科医、担任にも恵まれて、カトリック系の通信制高校へ進学しました。
今は高校1年生ですが、思いがけず馬術の才能があったようで、4月に馬術部に入部して、11月には学校と提携している乗馬クラブの特待生になり、東京オリンピック出場を目標にオリンピック監督2人の厳し練習に取り組んでます。
13年前、todonoinoriに出会えてなかったら、シスターのがいなかったら…。一度もお会い出来なかったことが、今、一番心残りです。シスター、うちの末の子と一緒に、どうか次男の東京オリンピック出場までの道のりを見守ってください。
 

新しい年

 投稿者:くらら  投稿日:2017年 1月 5日(木)16時56分50秒
  シスター、新しい年がきましたよ。
(喪中のため、「おめでとう」が言えません)
そちらはどうですか?
あれから、我が家も含め、友達の家族も続々とそちらへ向かいました。
みんな同じような年齢です。
でも、シスターは若すぎましたよ。そんなにご両親にお会いになりたかったのですか?
こちらのみんなは、寂しく思っています。

また、そのうちに会えますね。
それまで、待っていてくださいね。
 

レンタル掲示板
/87